県立美術館 4月8日~『土佐の龍馬、肥後の小楠』開催


土佐の龍馬、肥後の小楠
今年2017年は、幕末の志士・坂本龍馬の没後150年。
これを記念して高知県立坂本龍馬記念館の所蔵品を中心に愛用の脇差しや、暗殺される直前に土佐藩の重臣・後藤象二郎に宛てた直筆の手紙など約120点を展示。
また、龍馬と交流があった肥後の横井小楠にもスポットを当て、岡藩の小河一敏に宛てた書簡19通を初公開。


【会期】2017年4月8日(土)~2017年5月14日(日)
【会場】二階展示室(第一・二室)
   休館日・・・毎週月曜日(4月10日、4月24日、5月8日)
   ※4月17日(月)は「障がいのある方の鑑賞デー」として開館。
   ※4月29日(土)~5月7日(日)は連続開館。
【観覧料】「土佐の龍馬、肥後の小楠」展のみの観覧料金
     一般800円、大学生600円

土佐の龍馬、肥後の小楠