熊本城大天守閣(6F)解体へ作業進む

2019年中の復旧を目指し、大天守閣の復旧工事が進んでいます。

大天守閣には、足場が組まれ、落下防止用のシートが張られています。

最上階(6F)は、柱が破損しているため、解体される予定です。

復旧の過程が見えるように、シートは透明性の高いものが使われています。